FC2ブログ

~河上掬月~

徒然なるままに、日々のおかしきことを・・・。とは言っても主に自身の記録用に使う予定。自身の趣味に関することが中心になります。


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--_
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


異文化の邂逅~武装神姫×ブロッカーズ~

  1. 2012/10/25(木) 11:20:26_
  2. 武装神姫
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0

扨て扨て、

今回のテーマを端的に言うならば

 

異文化交流(カルチュラル-エクスチェンジ)

 

私の活動領域の1つである「ブロッカーズ」と

(お迎えしているのは一人だけですが)「武装神姫」とのコラボレーション。

コラボすることで、両者の可能性を広げてみよう!

というのが目論見です。

 

では、いざいざ参りませう。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

さて、どうコラボレーションさせるかですが、

やはり

「神姫を軸にブロッカーズのパーツを装備させる」

この形がコラボの基本になると言うのが私見。

(神姫の武装をブロッカーズに装備させるには

「やはり神姫武装は基本サイズが小さめ」

という問題があるかと。)

 

で、どのように装備させるか、という問題ですが、

神姫側のジョイントが3.3㎜」に対してブロッカーズのジョイント系は4㎜」

ブロッカーズの3-4ジョイント」を使ってもその径は3㎜」、と

一見無改造での両者の接続は無理にすら思えます

 

ですが実は、神姫の太腿のジョイント系がほぼ「4㎜」なのが1つ目の突破口。

つまりこのような接続が可能なのです。

脚部に装備  

 

脚部に履かせるブーツのようなイメージですね。


 

ですが、このままでは脚部だけしかコラボができない、

・・・となってしまいます。

その解決策として私が考えたのがこちら

 

 コネクター例

 

あくまで一例ですが、このように

「ブロッカーズのパーツで神姫のパーツを挟み込む」

という形にすることで両者のコネクターが完成!!

 

そしてこれを用いた試作一号機がこちらです
試作段階装甲

 

 

非常にゴツいデザインですね・・・

これをベースに更に改良したら、
ヴォル・カントゥフィユ 

 

 
こうなりました。

「ヴォル・カントゥフィユ」と命名

 

搭乗  

このように前部装甲が開いて乗り込む形ですな

 

次に、つい先日作成したのがこちら~

『虎落』ライドモード 合体形態  

 

 

名付けて『虎落(もがり)』!

神姫の御先祖にあたるであろう「アムドライバー」の「バイザー」と同じように

ビークル形態から搭乗形態に変形できるようにしました。

 

合体シークエンス!  

 

大体こんな感じで変形します

 

・・・ ・・・ ・・・
 

ですが…此処まで来て一つ懸念が。

それは、

「今まで溜めて来たブロッカーズのパーツがあるから

こんなのが造れるんじゃ無いのか?」

と思われてしまうのではということ…。

それですと、「一見さんお断り!」
・・・というような雰囲気を出してしまうのではないか・・・。

 

で す の で !!

コネクターを含めて、

キットを1つ

3-4ジョイントセット2を1つ

拡張ジョイントセット1・2・5を1つずつ

という制限レギュレーションで作ってみようと思います

 

今回使うキットは『ダークネスナイトΥ(イプシロン)
(以下商品ページ)

http://www.volks.co.jp/jp/vlockers/gg06.html/

 

ブルークリアの成形色のアーキタイプ1体に、

使い勝手の良いパーツが揃った『ジガバチアーマー』のセットですね。

 

・・・(製作中)・・・

 

では、完成形態のお披露目~

 

ハーミットシェル  

 

今回はこんな感じに仕上がりました

三面図はこんな具合
三面図 
 

名前は・・・そうですね「ハーミットシェル」とでも。

本日のアニメでは水生系が2人来ることですし、

あやかって同じく水生系(甲殻類)なイメージで組んでみました。

 

簡単な脳内設定はこんな感じ

『:主に水回り、水中での運用を想定している追加装備。

装備と同時に薄い皮膜を神姫の表面に張り、耐水性を高める。

一見物騒な両手のハサミは高圧水流の他にマイクロバブルや

各種洗剤の泡も噴出できる便利なお掃除ユニットである。

甲殻類をモチーフにしているためか全体的に装甲が高く

仮にドジな神姫が水場で転んでも、しっかりと守ってくれる。』

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

両者共にかなり質感が違うホビーですが、だからこそ組み合わせる中で

思いもしなかった化学反応が起こるかもしれません。

 

こういった組み上げることが出来るトイでは

全ての可能性は、作り手の中にこそあるのでしょうから。

 

今回の記事で少しでも「ブロッカーズ」と言う

ブロックトイにも興味を持っていただけたのなら幸いです

 

ではまた~。

 

 

 

スポンサーサイト

<<祭り(ハレ)を前に | BLOG TOP | 狩人の軌跡~3rd以降編~>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

プロフィール

河上 源(みなも)

Author:河上 源(みなも)
色々なモノの成り損ない、
そして羽化を目指す蛹。
そんな具合で今此処に在る
アンビギュアスな人間です

Twitter

閲覧計上用電子絡繰

最新トラックバック

« 2018 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


▲PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。