FC2ブログ

~河上掬月~

徒然なるままに、日々のおかしきことを・・・。とは言っても主に自身の記録用に使う予定。自身の趣味に関することが中心になります。


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--_
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Over the Time (ジャイロゼッターアルバロスの翼、簡易レビュー)

  1. 2013/06/18(火) 22:23:42_
  2. ジャイロゼッター
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

20XX年某月某日。

ベイサイドエリアでの任務からの帰還する途中、

私は謎の空間の発光現象に遭遇。

発光を目撃すると同時に機体の操作は不能となり、

為すすべなく光の中へと吸い込まれてしまった。

 

次に目を覚ました時、私は見知らぬ場所にいた。

まわりを見渡せば見たことも無いジャイロゼッターたちに囲まれ、

それらはじわり、じわりとこちらへと迫ってきていた。

生体反応は無し。

しかし振りあげられた機体の拳が帯びていたのは、
明らかな殺意だった。


・・・・

・・状況終了。

私のマシンにまだ闘う余力が残っていたのが幸いした。

 

こうして辛くもその場を切り抜けた私は、

遠くに見える街灯りを目指すことにする。

 

だが、街に着いた私に驚くべき事実が突きつけられる。

私が意識を失っていた間に、世界は時を進めていたのである。

 

時は2053年。

至極奇妙な因果律によって結ばれた「未来」の世界で

旅が今、始まろうとしていた・・・・。

~とあるGZドライバーのレポートからの抜粋~

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

・・・・てなワケで。

のっけから妄想垂れ流しな感じで誠に申し訳ない。

 

今回は先日発売された

「超速変形ジャイロゼッター 
アルバロスの翼」


についての簡単なレビューをして参りたいと思います。



 

では早速、一通り遊んでみての感想ですが、

本作品は、かなり面白いです。

 

まずストーリー面ですが、アニメ「超速変形ジャイロゼッター」の

世界の「裏側」とでも申しましょうか。

そこに関わるストーリー描かれており、

本作品をプレイすることによってまた新たな視点から

アニメ本編を楽しむことができるようになります。

 

尤も、これを知らなくても差し障りは無いと思われますので、

その辺りはご心配なく。

 

また本作品に登場するキャラクター達が非常に個性豊かなのも良いです。

初めは過去からやってくるアニメの方の主人公「轟カケル」に

喰われてしまうのではないかとの心配もしておりましたが、

 

・・んなことは無かった!

 

主人公である久堂一家をはじめとして、どのキャラクターも非常に個性的で

掛け合いなども非常に面白い。

当然「お馴染み」のキャラも出て参りますので、その辺りも楽しめます。

 

――――――――――――――――――――――――――

 

次にゲームそれ自体としての感想ですが、

1:BGM関連



私としては第一に世界を彩る「音楽」を挙げておきたいと思います。

本作品内で用いられている戦闘BGM、フィールドBGM、街のBGM諸々は

元々「格好良い!」などと評価の良かったアーケード版や

アニメのBGMがそのまま収録されているようで、聞いていて飽きません。

また、筐体から流れている状態では分かりにくい細かな所まで堪能できるので

「あ、この曲ってこうなっていたのか!」

と、新たな発見もある事請け合いです。


 

:バトルパート


そしてバトルパートですが、

敵味方のターンが入り乱れるこのバトルは、

各車種ごとの特性(本当に一台一台傾向が違うので面白い)

技、属性、スキル、装備パーツなどなど様々な要素によって

千変万化する上に、より強力な技を使用する為に必要となる

「ギア」のシステムが良いアクセントとなっていて、非常にやり応えがあります。

 

また、それぞれのマシンが放つ技の動きもできる範囲でしっかり

作り込んであり、かなりカッコ良いのも好評価です。

 

しかしアーケードと同じようにファイナルバーストの威力が法外なため、

序盤~中盤までは開幕これを使用するとボスすら一瞬で終わってしまうのが

ちょっと物足りなかったりしますが・・

中盤以降はこれに対策を持つボスも多くなるので、

使用タイミングはわりと重要だったりします。

 

3:移動


RPG
につきもののフィールド移動。

ここが地味に楽しいのも本作品の重要なポイントです。

一度行った主要な拠点には直にワープすることもできるのですが、

この作品の良い所は先ほども述べたように「移動が楽しい」という点。

車での移動は単に走るだけでは無く、ドリフトやブーストなど

簡単なレースゲームのような要素が盛り込んであり、

しかも車での移動中には経験値まで入るため非常にお得、

かつ楽しいのです。

 

此処に関しては「上手くまとめて来たなぁ」と唸らずにはいられませんでした。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

総じて、本作「アルバロスの翼」は非常に良質な作品である

と、私は判断致しました。

ジャイロゼッターという作品にアニメから入っている方も、

アーケードから入っている方も(特に愛機が弱い・・!とかお嘆きの貴方!) 

どちらの場合でも楽しめる事請け合いです。

 

特典カードなどは付かないものの少しお安いDL版もありますので

宜しければ是非買って、遊んでみてくださいませ!

 

今後はじわじわと攻略()情報なども記事にしてゆくかも・・?

 

ではまた~!

スポンサーサイト
テーマ : レビュー・感想    ジャンル : ゲーム
<<新たなる舞台へ(ジャイロゼッター関連) | BLOG TOP | 蜜に集まる者達(ブロッカーズ関連)>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

プロフィール

河上 源(みなも)

Author:河上 源(みなも)
色々なモノの成り損ない、
そして羽化を目指す蛹。
そんな具合で今此処に在る
アンビギュアスな人間です

Twitter

閲覧計上用電子絡繰

最新トラックバック

« 2018 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


▲PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。